「好きなこと」ができる仕事を目指すには?

まずはなりたい職業を決めておくこと

ゲームクリエイターになりたいと考えているのであれば、まずはその中でもやりたい仕事を決めておくことが大切です。アプリゲームや既に完成されたツールを使って作るゲームの場合は、一人で製作することも可能でしょう。しかし、より本格的なゲームを作りたい、クオリティにもこだわりたいと考えるのであれば、ゲーム会社に就職することが有効です。ゲーム会社では全てを一人で行うのではなく、全体的な調整はプロデューサーがゲームの企画はプランナーが、製作に入るとストーリーはシナリオライターが行うなど分業という形で仕事を進めていきます。実際にゲーム会社で働きたいのであれば、様々な職業のなかでどれを目指すかを決め、その目標に向かって努力をしてくことがおすすめです。

何から始めれば良いのか

ゲーム会社への就職を目指す場合、職種に合わせた勉強の仕方をすることが大切です。例えば、グラフィックを担当するデザイナーやゲームとして遊べる状態を構築していくプログラマーなど、専門的な技術や知識が必要な職種を目指すのであれば専門学校などで技術を磨くようにすると良いでしょう。それに対して、プロデューサーやディレクターなどゲーム制作の中でも人をまとめたり指示を与える仕事を目指すのであれば、四年制大学を卒業しておく方が就職に有利となります。絶対に大卒でなければいけないという訳ではありませんが、大学を卒業しておけば企業が大卒の人材を求めた時でも、問題なく対応をすることができます。そのためゲーム業界を目指す場合でも、職種によっては大学進学を目指すことがおすすめです。

漫画の専門学校に入学すると、漫画に関する色々な技術や知識を学ぶ事ができます。プロの漫画家として活躍する為の技能を習得する事も可能です。

© Copyright Offer Vocational. All Rights Reserved.